彼氏と付き合って1年で経験したマンネリについて

彼氏と付き合って1年で経験したマンネリについて

私は憧れていた彼氏と恋人になることが出来、付き合った当初は毎日幸せな気持ちで過ごせていました。メールも毎日数回欠かさずにやり取りしていましたし、頻繁にデートもしていました。
寝る前にも「おやすみ」のメールを彼は毎日くれていましたし、毎朝起きれば「おはよう」というメールも送って来てくれていました。しかし日が経つにつれて徐々にメールの回数やデートの頻度も減っていきました。

 

体調がすぐれなくても付き合い始めのころは来てくれていた彼が、付き合って1年ほどたつと、会うのが面倒だという雰囲気を醸し出すこともあったのです。また、デートをしていても会話が途切れがちになることも多くなり、1時間くらい会っただけでデートが終わっただけの日もありました。私は彼に飽きられたのかと不安になりましたが、直接本人に聞く勇気がなく、友達にこの状況を相談しました。

 

すると友達から、「そういうのをマンネリって言うのよ」と言われたのです。男女の関係に関わらず、同じ相手に会っていれば人間というのは刺激がなくなるもので、彼は私を嫌いになったのではなく、刺激を感じなくなったのだろうと思いました。

 

従って私は徐々にイメージチェンジをして彼に刺激を与えるようにしました。ホテルに誘うのはいつも彼で私から誘うことは過去にはなかったのですが、思い切って何度か私から誘ってみたりもしました。

 

すると彼は喜び、私の作戦は見事に成功しました。アドバイスしてくれた友達に感謝しています。